煙草やお酒の販売

トラブルがないように販売する

コンビニバイトでよくある悩みが「未成年への煙草・お酒の販売」です。未成年に煙草もしくはお酒を販売してしまうと、お店が罰せられてしまいます。

 

罰せられるのは、煙草やお酒を販売したアルバイトも、なのです。未成年の喫煙や飲酒が増えている今、警戒態勢はかなり強まっています。

 

年齢を確認してから、煙草やお酒を販売するようにしましょう。バイトをしている時に未成年が煙草やお酒を買って行こうとしたら、しっかりと断り販売はしないようにするべきです。

 

簡単に考えていると、コンビニのバイトを辞めなければならないほどの「トラブル」が起こったりするかもしれないので、注意を。